2008年09月03日

グールドのヒンデミット:ピアノ・ソナタ集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



歌曲集「マリアの生涯」のオリジナル版とこのソナタ集のグールドの演奏は、ヒンデミット再評価のきっかけを与えたといえよう。

特にこのソナタ集では、ヒンデミットのコンセプト、その観念に溌剌とした生命を吹き込むことによって、それまでのいわゆる新即物主義的とされた醒めた客観的解釈とは異なった世界を築いた。

ヒンデミットの曲は、丹念に、職人的完璧さで書かれた堅実一点張りの印象を受ける。

グールドは作品を実に忠実に、あるいは執拗に追いかけて飽きることがない。

そして多少古めかしいが、外観だけは堂々としている音の建築を作りあげてみせる。

グールドの力で、ともかくこの3曲のソナタはその本来の姿を現した。

例えば葬送行進曲の内省から、二重フーガによるエクスタシーの境地まで、はじめてヒンデミットの音楽のオリジナリティ、その魅力が明らかにされた。

ヴェーベルンと対照させたグールドのヒンデミット論も秀逸で、初版の価値を改訂版と比較して論じた「マリアの生涯」論とあわせて読むとグールドのヒンデミット観がよくわかる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:04コメント(2)トラックバック(0)グールド  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by monochrome   2008年09月04日 21:03
トラバありがとうございます。
グールドのバッハの項、読ませていただきました。
僕も最初に買ったのは、偶然にですが81年盤でした....
今後とも宜しくお願いします。
2. Posted by 和田   2008年09月04日 23:54
monochromeさんコメントありがとうございます。
ゴールドベルク変奏曲のことですね。これはどちらを先に聴いたかで、評価が分かれるんですよね。
またのご来訪お待ちしております。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ