2008年09月07日

ミトロプーロス&バイエルン放送響のシェーンベルク:ヴァイオリン協奏曲(クラスナー)、プロコフィエフ:交響曲第5番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



両曲とも傑作で、現代音楽を敬遠している向きにも広く薦めたい名演奏である。

ミトロプーロス(1896-1960)は近代・現代作品を得意にし、シェーンベルクのヴァイオリン協奏曲は同じクラスナーのソロでNYPと録音していた。

シェーンベルクのヴァイオリン協奏曲のクラスナーは1940年にストコフスキー&フィラデルフィアo.と同曲の初演を行っている。

まず、プロコフィエフの交響曲第5番が素晴らしい。

ミトロプーロスの音楽からは豊かな人間性が感じられ、明晰な知性と豊かな広がりを兼ね備えたスケールの大きい演奏となっている。

同時にシャープな切れ味もいたる所に見られ、強い緊張感と相まって目が覚めるようだ。

シェーンベルクのヴァイオリン協奏曲ではクラスナーの音色が美しく、集中力のあるすっきりとした演奏を聴かせる。

ミトロプーロスの指揮はスケールが大きく、今日の指揮者では太刀打ちできないものがある。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 03:00コメント(0)トラックバック(0)シェーンベルク | プロコフィエフ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ