2008年09月08日

ミケランジェリの芸術


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

   

名ピアニスト多しといえども、イタリアの巨匠アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリほど、天才の名が与えられてしかるべき演奏家も他にはいないであろう。

完璧にコントロールされた技術と高い精神性、そして作品に捧げられる献身的情熱とが結晶となった彼の音の世界は、まさに演奏芸術の頂点を究めた表現活動であり、余人の追随を許さない高みにあった。

キャンセル魔、過敏なまでに神経質な対人関係、録音嫌いなど、彼にまつわるエピソードは尽きることがない。

しかもこうしたうわさ話は、時に一人歩きし虚像をいたずらに大きくしてしまった感すらあるが、ひとたび彼の演奏を耳にすれば、その神秘的なまでの美しさは聴く者すべてを虜にし、紛れもないミケランジェリの音と音楽の世界があることを確信させた。

そしてピアノ演奏の測り知れない奥深い領域へと聴き手を導くとともに、音楽がいかにかけがいのない表現活動であるかを再確認させてくれたのだった。

彼の後継者などあり得ないし、彼に比較し得るピアニストもまたあり得ない。

神秘の音楽家であり、独自の美学に支えられた演奏芸術は彼の死とともに消え去ってしまった。

私たちに許されているのは残された録音で演奏を味わうことのみだが、最初の一音から特別の経験へと誘うミケランジェリの芸術を可能な限り、率直で、純粋な心と耳とで受け止めたいものである。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:00コメント(0)トラックバック(0)ミケランジェリ  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ