2008年09月27日

デュトワ&モントリオール響のラヴェル


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

デュトワとモントリオール響は、現在本場のフランスでも失われてしまった本格的なフランス風の演奏を、遠く離れたカナダのケベック州に甦らせたのである。

かつてのクリュイタンスの録音にも負けない高雅なエスプリとしっかりとしたデッサンは、ほぼ理想に近いラヴェルへのアプローチといえる。

特に、全体のメロウな響きの中に明晰なソロ・パッセージが浮かび上がるところなど、かつてのモントゥーの解釈に最も近いだろう。

いずれも極めて質が高く、ラヴェル固有の透明で冷たい輝きをもった音色と、華麗かつ色彩的なオーケストレーションをあますところなく表出している。

特に「ダフニスとクロエ」では、「パントマイム」から音楽を次第に高潮させ、熱狂的な「バッカナール」でクライマックスを築くあたりは、すこぶる感動的だ。

「マ・メール・ロワ」はメルヘンの世界を精緻に描き上げた佳演で、ことに「一寸法師」や「パゴタの女王レドロネット」など、幻想的で詩情豊かな表現にはほれぼれとしてしまう。

その他の曲もラヴェルの音楽固有の色彩的でしかも黒光りする音色の美しさを余すところなく表出した名演奏。

これは1980年代にもこれだけのラヴェル演奏があったのだという、21世紀への強力なメッセージであり、ラヴェルの音楽を愛好する人たちにとって垂涎のディスクといえよう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:00コメント(3)トラックバック(1)ラヴェル | デュトワ 

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. デュトワ モントリオール響 フレンチ・コンサート  [ わんわんの全頭の単(TP吹きです)^^♪ ]   2008年09月27日 09:46
<font color="oldlase">フレンチ・コンサート/ デュトワ指揮 モントリオール交響楽団 発売日: 1994/04/22 規格品番: POCL-5102 1987年録音</font> <font color="red">1 楽しい行進曲 シャブリエ 2 交響詩「...

コメント一覧

1. Posted by わんわん   2008年09月27日 09:45
こんにちは☆

トラックバックありがとうございました(*^_^*)

デュトワ=モントリオールは非常にセンスが良いですよね。
2. Posted by わんわん   2008年09月27日 09:48
私もトラックバックさせていただきました^^♪
3. Posted by 和田   2008年09月27日 14:33
デュトワは1970年代までは地味な協奏曲専門の指揮者だったんですが、モントリオール響を得て、水を得た魚のように活躍し始めましたね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ