2008年10月02日

ルービンシュタイン/シェリング/フルニエのシューベルト、シューマン&ブラームス:ピアノ三重奏曲集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



シューベルト、シューマン、ブラームスといったドイツ=オーストリア系ロマン派音楽に関心をもつ3人の大家たちの組み合わせ。

この3人はそれぞれが勝手な自己主張をするというのではなく、ピアノ三重奏という演奏形態のスリルと面白さを合わせて味わわせてくれる。

堂々とした恰幅と美しい音色で叙情性豊かな歌を繰り広げるルービンシュタイン、それにフルニエ独特のニュアンスに満ちた気品の高さとシェリングの真摯で高潔な音楽が加わり、互いの個性を充分に生かしながら見事に調和の取れた世界を形づくる。

また、これらの作品のロマン的な詩情も実によく理解した演奏になっている。

特に、ブラームスのピアノ三重奏曲第1番第1楽章冒頭のルービンシュタインのピアノを背景にフルニエが主題を歌い始めるところからすでに素晴らしい世界を予感させるが、そこにシェリングが加わったときの共感の輪が大きく広がる室内楽的喜びはまさに至福の境地。

各人がかなり自由に音楽を奏でながら、造形が崩れることなく音楽に緊張感が保たれているのも素晴らしい。

それに加えて、ルービンシュタインはこれらの楽曲における自分の立場というものをわきまえ、バランスを巧みに整理している。

緩徐楽章の詩的な美しさも特筆ものである。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 06:30コメント(0)トラックバック(0)ルービンシュタイン | シェリング 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ