2008年10月05日

シューリヒト&ウィーン・フィルのブラ4ライヴ


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



この初々しいロマンの香りが漂う魅惑的なブラームスは、シューリヒトのディスク中、1,2を争う名演である。

閃きに満ちたテンポの変化や部分の強調によって、生き生きとして、しかも表情豊かな音楽が展開する。

小気味よいテンポ。よく弾むリズム。

重厚で壮大なブラームスとは対極をなす軽やかで繊細なブラームスだが、歌って聴かせるところはたっぷりとブラームスの抒情を堪能させてくれる。

きわめてロマンティックなブラームスながら、そのロマンティックな情感の表出が決して野放図にならず、どこまでも明快な様式のなかに包みこまれているのは、ブラームスの音楽の本質を見事に衝いたものだ。

シューリヒトは、ブラームスの晩年の諦観と孤独とロマンをことごとく表現しており、しかも作品のもつ古典的様式からもはずれることがない。

特に第2楽章の端正で豊かな表現は、実に魅力的だ。

加えてウィーン・フィルが入念な表情と深い陰影をもって演奏していて、その美質を最高に発揮し、この演奏を不滅のブラームス演奏としている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:04コメント(0)トラックバック(0)ブラームス | シューリヒト 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ