2008年10月11日

ヴァント&シカゴ響のブラ1ライヴ


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1989年1月にヴァントがアメリカ・デビューした際のコンサートのライヴ録音。ドイツ以外のオーケストラとの録音も確かこれが初めてだった。

演奏はなかなか個性的で、ヴァントの解釈の核心が見事に表明されている。

ヴァントはシカゴ響からドイツ的な響きを引き出しているが、ドイツ的とはいっても、むしろモダンなドイツであり、知的造形性が前面に出た演奏なのである。

全体にカッチリとばかりしているだけでなく、抒情性も充分に表現されている。

感情の推移に溺れることなく、感情を殺すこともない。ここにヴァントのバランス感覚のすぐれた部分がある。

そうしたヴァントの内的な成熟とシカゴ響の優秀な合奏力、そしてライヴによる心気高揚によって素晴らしい演奏が生まれた。

第1楽章からかなりテンポが速く、ヴァントらしい即物的な表現が、かえって凄いパワーを感じさせる。

第2楽章も歌謡性に情緒の潤いと厳しい音楽性が加わって、聴き手を引き付けずにはおかない。

フィナーレも圧巻で、意気軒昂、聴いていてこちらまで元気になるようなブラームスだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 08:28コメント(0)トラックバック(0)ブラームス | ヴァント 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ