2008年10月12日

バルビローリのエルガー:エニグマ変奏曲


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



「エニグマ」の14の変奏の謎解きは、作曲者の生前に完了し、エルガー自身の公認を得ているので、聴き手としてはプログラム(標題)を充分ふまえた上で聴かれることをお勧めしたい。

イギリスの音楽ファンは各変奏にまつわる謎解きを頭に入れているので、指揮者としてもアブストラクトに振る人はまずいない。

エルガーの管弦楽書法のうま味と標題が渾然一体となっている模範的名演がバルビローリ盤。

自国の音楽だけあって、バルビローリもオーケストラも自信と誇りをもって演奏している。

前身がチェリストであったバルビローリはヴァイオリンおよびヴィオラが自前の楽器だったエルガーの微妙な弦楽書法を心憎いまでに見事に表出していて余すところがない。

描かれている14人の人物の肖像が生きてくるのである。

劇性もあり、またふくよかで親しみやすい表情に満ちているのが味わい深い。

ただ、フィナーレの盛り上がりという点で、やや征服感に不足する部分があるのが残念だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 05:26コメント(0)トラックバック(0)エルガー | バルビローリ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ