2008年10月13日

ムジカ・アンティクヮ・ケルンのバッハ:フーガの技法


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



バッハ「フーガの技法」は作曲者による楽器指定がないため、さまざまな編成での演奏が試みられており、それぞれに独自の味わいがある。

この曲をさまざまな演奏形態で聴くたびに、バッハは本当にこれを演奏するための作品として書いたのだろうか、という感じさえ受ける。

おそらくバッハ自身、楽器の指定をしなかったということが250年以上を経過した21世紀において、大きな話題となることなど考えてもみなかったことだろう。

いまわれわれが聴く演奏は、それぞれの演奏者(あるいは編曲者)による半ば創作といってもいいのかもしれない。

従ってここでは演奏をとやかく言う前に、どういう楽器で演奏するかといった問題が生じてくる。

ムジカ・アンティクヮ・ケルンの演奏はオリジナル楽器による室内楽版で、2つのチェンバロとヴァイオリン、ヴィオラ、チェロという編成がとられている。

モノトーンな鍵盤楽器のみの演奏と、ともするとロマンティックに傾きがちなオーケストラ版の中間をいくもので、長大な全曲をこれらの楽器による多彩な組み合わせで楽しませてくれる。

曲順は1983年発表のG.バトラーによる論文を参照しており、未完のフーガは演奏していない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:05コメント(0)トラックバック(0)バッハ  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ