2008年10月14日

ヨッフムのブルックナー:交響曲全集(DG盤)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



レコード史上初のブルックナー全集である。

ヨッフムはドレスデン国立管と2度目の全集を録音したし、十八番のブルックナーということで、円熟期から最晩年までのライヴ録音も数限りなくCD化されているので、この「全集」の影も薄くなった感は否めない。

しかし、ライヴにはない正規録音の折り目正しさは捨てがたい魅力であるし、何より素晴らしい録音と演奏によって末永く記憶されるべきスタンダードに間違いない。

中でも「第7」の深い美しさは格別の感銘を与えてくれる。すでにヨッフム晩年を予兆させる巨匠の演奏ぶりである。

体調、健康状態によって、時に中庸、穏健なだけの演奏も残したヨッフムだが、この「第7」においては気力充実した絶好調のヨッフムの姿を示している。

殊に第2楽章の厳粛な美しさは、いまだに聴くたびに感動を新たにしてくれる。

マイナーな「第1」「第2」「第6」も文句なしに素晴らしい。

前二者における伸びやかさと響きの開放感はブルックナー初期作品を聴く喜びに満ちている。

「第6」では、第1楽章の弦の弾き込みの深さと剛毅なサウンドに打たれる。緩徐楽章の祈りの深さも絶品だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 03:24コメント(0)トラックバック(0)ブルックナー | ヨッフム 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ