2008年10月16日

サン=サーンス:動物の謝肉祭(オリジナルの室内楽版)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



クレーメル盤は初演の際の室内楽版による演奏で、ピアノにアルゲリッチ、フレイレ、ヴィオラにT・ツィンマーマン、チェロにマイスキーといったように超豪華なメンバーを集めたものだ。

そして演奏それ自体も、各演奏家の自発性が生かされた即興性のあふれるもので、こうした作品ならではの音楽の楽しみを、リラックスした中で満喫させてくれる。

管弦楽版を含めて、これほど鮮やかで洒落ていて、楽しい演奏はないといってよいし、その違いは第1曲<序奏>のピアノのトレモロを聴いただけですぐにお判り頂けるだろう。

一人一人が存分に自分を主張して遊んでいるが、さすがは名手揃いで、その表現とアンサンブルは舌を巻くほどに見事にきまっているし、抜群の描写力もある。

また透明な美しさの中にさりげないユーモアが漂うのも耳に快い。

この作品が秘めているユーモラスな側面から、シニカルな側面、情感豊かな側面まで、すべてを余裕をもってカヴァーしきっており、間然としたところがない。

クレーメルの見事な"語り"も聴きものである。

この作品の真価を聴き知るうえで、まずは不足のない出来ばえといえよう。

他の3曲はソロと語りもので、リドの作品ではクレーメルの名人芸に接することができ、メシュヴィッツの作品ではユーモアが味わえる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:00コメント(0)トラックバック(0)サン=サーンス | アルゲリッチ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ