2008年10月17日

デュ・プレのハイドン:チェロ協奏曲第2番/ボッケリーニ:チェロ協奏曲


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1987年、多発性硬化症という難病のため、42歳の若さで亡くなった不世出の女性チェリスト、デュ・プレの貴重な遺産である。

彼女が演奏活動していた時期というのは、10代の半ばからわずか10年ほどの間にすぎなかったが、その間に多くの曲をレコーディングしている。

それは、あたかも自らの病を予期したかのような精力的なもので、なにか痛ましい感じがする。

このボッケリーニの演奏は、そうした彼女のベストともいえるディスクで、すこぶるスケールが大きく、のびやかな演奏となっている。

女流らしい繊細さと、"歌心"にあふれた旋律の美しさ、そして、緩急の起伏を大きくとったダイナミックな表情づけ、これほどこの作品の魅力を最大限に引き出した人というのも、少ない。

また、このレコーディングのあとすぐ結婚するバレンポイムの伴奏ものびのびとして豊か。

ハイドンは、優美、繊細さの中の表情の多彩さがさすが。ハイドンの古典的品格をとらえた、スケールの大きな演奏だ。

1音ごとにニュアンスを変え、機械的なスケールさえ魅惑の限りを尽くし、音楽をあらゆる部分が歌っている。

バルビローリのバックも、デュ・プレを支えて好演。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:00コメント(0)トラックバック(1)デュ・プレ | ハイドン 

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. "多発性硬化症" に関する話題  [ 人気の話題に注目する日記 ]   2009年03月10日 15:47
"多発性硬化症" について書かれたエントリを検索してみました。 ♪デュ・プレ!〜天才チェリスト〜 - Just say Hello !!! - Yahoo!ブログこんばんは〜ご無沙汰しています。。。  寒くなってきましたが みなさん お風

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ