2008年10月23日

アーノンクールのテレマン:ターフェルムジーク


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



アーノンクールによる当曲集の初録音。録音途中でシェフトラインが亡くなったため完成が遅れていたものである。他にも一部メンバーの移動はあるが、イギリスを含めオリジナル楽器の名演奏家が集められている。

生き生きとしたリズムに支えられ、新鮮な感動と喜びにあふれたテレマンを作り出している。

テンポも妥当であり、ひとつひとつの音がそれぞれの意味あいをもって流れてゆく。

一時代のアーノンクールの演奏につきまといがちであった、あの粗くて不自然なアクセントはすっかり影をひそめ、すべては自然に自由に、そして自在に営まれている。

アーノンクールとしては案外普通の演奏に落ち着いているのはむしろ曲のせいもあろう。

強烈なインパクトを与える種の音楽ではないにしても、拍子抜けの感もある。

ほとんどメンバーにまかせたような、自然で豊かな音楽の流れになっている。

もちろん各楽器の奏者たちの独奏には出色のものがある。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:02コメント(0)トラックバック(0)アーノンクール | テレマン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ