2008年10月23日

ゼルキンのベートーヴェン:ディアベッリの主題による33の変奏曲


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



同曲は、変奏のフモールと奇怪さ、独自性と多様さはまさに変奏曲の最高峰といえるもので、バッハの「ゴルトベルク変奏曲」とともに、古今の変奏曲の中の傑作といわれている。

ゼルキンは「ディアベッリ変奏曲」をアンコールで全曲演奏したというエピソードを持つが、レコードはこれが唯一のものである。

この大曲に真正面から対峙したゼルキンの激しい気迫をみなぎらせた演奏は、作品全体の構造も明確であり、各変奏の性格も鮮明に表現している。

半ば諧謔的な誇張を通して、生き生きとした表情をもって描かれているし、カリカチュアを思わせる威風堂々とした第1変奏に続いて、第2変奏でゼルキンは鍵盤上で軽やかなおしゃべりを楽しむ。

全てが現世的な生気にあふれていて、ダイナミックで溌剌としている。

モノ録音とはいえ、表面だけを飾ろうとせず、音楽の核心に迫ろうとする毅然とした姿勢が熱く伝わってくる演奏である。

こうした比較的遅めのテンポといささか直截的な表現は、当時(1957年)のゼルキンにしばしば見られるものだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:42コメント(0)トラックバック(0)ベートーヴェン | ゼルキン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ