2008年10月25日

ホロヴィッツ・オン・テレビジョン


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1968年にカーネギー・ホールでテレビ放送を目的として行われた公開のリサイタルでの収録。

演奏活動に復帰してから3年、まだホロヴィッツが衰えをみせない時期の演奏である。

ここではホロヴィッツのテクニックはまだ衰えを見せておらず、しかも音楽表現については、いわゆるヴィルトゥオーゾ・スタイルから晩年の深く美の世界に沈潜する様式へと移り変わる過渡期にあり、そうした表現が技巧と一体となって極めて雄弁な演奏を作り上げている。

なかでも、磨き抜かれたバラード第1番、寒風が吹き荒ぶようなポロネーズ第5番など、それぞれの作品を語るうえで忘れることの出来ないもの。

得意とした2つのスカルラッティのソナタも聴きもの。

だが、注意深く聴くと冒頭のバラード第1番や夜想曲第15番、ポロネーズ第5番などで以前より強弱と緩急の対比が強調され、テンポの遅い静かな楽想をことさら入念に表出しようとしている印象を受ける。

耽美的な傾向をいっそう強める晩年のスタイルがみえはじめている。

そして、最後を自らの編曲したアンコール・ピースで閉じるという心憎い配慮がなされている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 15:43コメント(0)トラックバック(0)ホロヴィッツ  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ