2008年11月03日

セル&クリーヴランド管のR.シュトラウス:家庭交響曲


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



この交響曲の演奏はたいそう難しい。

可能な限り表情たっぷりと再現してしまうと、辟易としてしまうし、かといって、あまり深入りしないように距離を置いて再現されると、今度は物足りなくなってしまう。

そのあたりの兼ね合いといったものが、なんとも難しい。と同時にそれはR.シュトラウスという作曲家の作品全体を通じていえる難しさであると考えることもできよう。

というわけで、当然ながら、この交響曲のディスク選びも難しい。

カラヤン盤のようにオーソドックスなアプローチで、表情豊かにやりすぎてしまうと、この交響曲の「私小説」にもならないような私小説的要素をあまりに無批判に通してしまう結果になり、一方、フルトヴェングラー盤になると、そうした批判性はあるのだけれど、出来ることなら、もう少しよい音の状態で聴きたいと思ってしまう。

あれやこれやと考えていると、すべて一長一短で、なかなか決めにくいのだが、最も素直に聴くことができるという点ではセル盤が最右翼にくるだろう。

R.シュトラウス自身から直接教えを受けたこともあるセルは、この作曲家の他の演奏においてもすぐれた演奏を残している。

ここにおいても、セルがつくりあげた演奏は知・情・意のバランスがとれたものといえよう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 03:29コメント(0)トラックバック(0)R・シュトラウス | セル 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ