2008年11月20日

マリナーのチャイコフスキー/ドヴォルザーク:弦楽セレナード


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



両曲とも、アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズの弦の美しさに惹かれる。

チャイコフスキーはマリナーとアカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズのコンビが、デビュー当時から得意としていた作品だけあって、アンサンブルが緊密で、全体のまとまりのよい演奏となっている。

ことに、ロマン的色彩の濃い第1楽章と、ロシア舞曲を思わせるかのような第4楽章は、よく練り上げられており、また、弦楽器の響きの美しい音色には魅了されてしまう。

また、第2楽章「ワルツ」や第3楽章「エレジー」での旋律の歌わせ方や間のとり方、メリハリのきいた音楽の作り方にマリナーの良さが表れている。

マリナーは民族的な色調を強く打ち出すタイプの指揮者ではなく、ドヴォルザークの演奏でも、全体にさらりと流した表現である。

第1,3楽章など、かなりよくまとめてはいるのだが、欲をいえばさらにスラヴ的な情感がほしかった。

しかし、曲の陰影を精緻に表出した第2楽章のドヴォルザーク節の歌わせ方や、第4楽章の哀愁をおびた主題のあらわし方など、実によく練り上げられていて、うっとりと聴き惚れてしまう。

やや郷土色には乏しいが、生気の躍動するフィナーレなど、この団体の実力を遺憾なく発揮した好演だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:05コメント(0)トラックバック(0)チャイコフスキー | ドヴォルザーク 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ