2008年11月22日

シフのバッハ:イギリス組曲/フランス組曲/パルティータ


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

  

シフの弾くバッハは軽快で軽妙、バッハへの親近感を助長するように親しみやすい表情に特色がある。

ここでもシフは感覚を喜ばせ、作品に親しみを覚えさせる演奏を繰り広げる。

シフは潤いのある美しい響きと自在なリズム感を身につけている。

後者はときに躍動するかと思うと一転、自然の流露に静かに身を委ねることができるもので、それは演奏に生気を与えることに大きく役立っている。

鍵盤の重い現代ピアノで弾いているとは思えないほど軽妙で、それが聴き手に何ともいえぬ楽しみを与えてくれる。

タッチが軽やかなら、リズムもまたボールが勢いよく弾むように自然の軽やかさを備えている。

バッハを高い所に祭り上げておきたい人は反発を感じるかもしれないが、聴けば聴くほど音楽の流れに呑み込まれていく。

グールドとは異なる意味でバッハを愉しく聴くことができる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:00コメント(0)トラックバック(0)バッハ | シフ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ