2008年11月24日

ピノックのバッハ:ブランデンブルグ協奏曲


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ピノック盤は、数あるオリジナル楽器の録音の中でも最も愉悦感に溢れた演奏で、バッハの教会音楽の厳しさとは異なる明るく温和な顔を見ることができる。

これまでに紹介した「ブランデンブルグ協奏曲」の中では最も華やかで明るい響き、親しみやすさがある。

強いて難を言えば、速いテンポの楽章でやや一本調子になっている傾向があることか。

特に第3番と第6番がすぐれた演奏。

第3番はリズムに強靭な弾力があり、動的なダイナミクスによって快適に運ばれ、2つの楽章を結ぶアダージョのヴァイオリン・ソロのカデンツァも美しい。

第6番は純音楽的な美しさを歪みなく伝えたいかにも快い名演である。

第1番ではオーボエの土くささが面白く、第4楽章のトリオが聴きものだ。

第2番と第5番は古雅な味わいに富んでいて美しい。

第2番のトランペットは慎ましいなかにも軽快なよさがあり、ソロ楽器同士のバランスも見事。

第5番はすっきりとした透明感に惹かれる。

特に瞑想的なペズノシウクのフルートと、ピノック自身の実力あるチェンバロが主役になって演奏をリードしている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 08:36コメント(0)トラックバック(0)バッハ | ピノック 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ