2008年11月24日

フルトヴェングラーのブラ2


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



フルトヴェングラーのブラームスのなかでも傑出したものだ。

実に細かく神経の行き届いた細密画的な微妙な明暗の描き方と、全体としての巨大な壁画的構想がひとつの表現のなかに完全に両立させられ、その両者の交叉し、重なり合うところに分析しがたい精神の大きな波紋が描かれている。

響きのつくりぐあい、旋律の歌わせぐあいに、この作品の性格の志向性が窺える。

フルトヴェングラーの演奏するブラームスには、まるで自分自身の曲を演奏しているかのような自然さがあふれている。

それはブラームスの交響的発想がフルトヴェングラー自身のロマンティックな基盤と合一しているからに違いない。

楽想の一つ一つが必然的な共感をもって歌い出され、少しの違和感もない緩急法を得て、実在的感覚を具現している。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:39コメント(0)トラックバック(0)ブラームス | フルトヴェングラー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ