2008年11月25日

クーベリック&ベルリン・フィルのドヴォルザーク:交響曲全集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



クーベリック、ベルリン・フィル共に初にして唯一のドヴォルザーク/交響曲全集録音。

いずれも格調高い演奏だ。クーベリックは作品を堅固に造形して、作品の民族的な性格を明らかにしている。

全体的には巨匠的な自己主張と音楽への集中力が独自の説得力をもち、外形にとらわれずに内面的な抒情や力感を描いている。

初期作品より後期の3曲がよく、「新世界より」の悠然とした歩みはスケールが大きい。第7,8番の堅実な造形とふくよかな歌謡性の共存も聴きのがせない。

彼の残された録音は、おおむね穏健な演奏ではあるが、これはオーケストラがベルリン・フィルということもあってか、凄まじい熱気と集中力に溢れている。

しかも、オーケストラの音色も大変瑞々しく、表情も実に雄弁だ。

当時クーベリックがどんな精神状態にあったか不明だが、ちょっとミュンシュ最晩年の幻想交響曲のような突然変異なところがある。

クーベリックの熱心な聴き手を自負しているとはいえ、あまり大それたことは言えないが、ともかくこの演奏は凄いと思う。

たぶん、クーベリックの正規録音の中では屈指のものではなかろうか。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:28コメント(0)トラックバック(0)ドヴォルザーク | クーベリック 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ