2008年11月29日

レヴァインのワーグナー:パルジファル


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

1985年のバイロイト音楽祭ライヴ。

レヴァインのフィリップスへの初録音で、ワーグナーもレコードはこれが初めてだった。

レヴァインの「パルジファル」はこのバイロイトでの録音のほかに、1990年代に入ってメトを指揮したCDとDVDがある。

どれもこの作品のオペラとしての面白さや感動を見事に引き出して聴かせるが、マイアーのきわめつきのクンドリが聴けるのがこれ。

レヴァインの演奏を一口でいうなら、この音楽劇のもつオペラティックな美と魅力を、大きく、豊かに、雄弁に、生き生きと語り出したもの、といえる。

1つ1つの音が実に豊かなファンタジーとイマジネーションを喚起していくような演奏であり、これまでの他の指揮者に聴かれなかったような「パルジファル」だといってよい。

レヴァインは、クナッパーツブッシュ的な神秘性を望んだのかもしれない。

遅い運びのうちに、堂々とした全曲があらわれる。

でも神秘のヴェールはなく、明るい光に照らされている。

歌手では、ホフマンがようやくワーグナー歌手としての円熟に到達したような好演を聴かせるほか、マイアーのクンドリが素晴らしい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:01コメント(0)トラックバック(0)ワーグナー | レヴァイン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ