2008年11月30日

ショルティのR.シュトラウス・コンサート


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



「ツァラトゥストラ」は華麗絢爛たるカラヤンとベルリン・フィルのものを、さらに引き締めたような最も万人向きの演奏である。

スコアが細部まで見渡せることでも随一。

「ティル」も他のどの演奏よりも歌に満ちている。

「ドン・ファン」は腕達者な奏者がバリバリ弾きまくっていて、その自信と威力に圧倒される思いだ。

第2主題で最後に弦と木管が現れる所の遅いテンポが実にいい。

「アルプス交響曲」はショルティ&バイエルン放送so.による初録音。

ショルティは鮮やかな統率力で、この切れ目のない曲を聴かせる。

R.シュトラウスの管弦楽法が、いかに精緻であるかを知るためにも、十分に存在価値のある録音といえるだろう。

ショルティの演奏は、比較的淡白で、技術の冴えに終始した感もあり、曲に内在するロマン的な憧憬の表出があってもよかった。

いろいろな意味でCD向きの作品といえるだろう。

「英雄の生涯」はウィーン・フィルの響きと反応が、演奏になかなか美しい奥行きと雰囲気を加えているが、ショルティとしては少々詰めの甘さを残した演奏になっているのが残念だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:06コメント(0)トラックバック(0)R・シュトラウス | ショルティ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ