2008年11月30日

グールドのバッハ:室内楽曲


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



グールドのバッハ/室内楽録音は当盤のみ。

ヴァイオリン・ソナタの演奏はヴァイオリンよりもグールドのピアノがリードしている。

彼は推進力の強いリズムと明晰なタッチ、歯切れのよいフレージングで演奏し、デュナーミクもバロックの時代様式をよく検討したものだ。

そして随所に独特の装飾音を追加し、和音をアルペッジョに変えるなどしてピアノの音の特性を生かしている。

ラレードの演奏はグールドの解釈に従ったものだが、熱気があり、全体的に躍動感が強い。

チェロ・ソナタは3曲とも元来ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロのためのソナタである。

グールドはピアノをチェンバロに近付けるように演奏しており、各音はみな鮮明である。

ローズはヴィオラ・ダ・ガンバの演奏様式にはそれほどこだわらず、チェロを現代的に奏しているが、グールドのピアノと組み合わせるとそれが決して不自然にはならない。

2人はいかにも音楽の流れに乗りきって演奏している。   

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 06:38コメント(0)トラックバック(0)バッハ | グールド 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ