2008年11月05日

ニコラーエワ/プレイズ・バッハ


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



このアルバムで実に印象的なのは、ニコラーエワ編曲の「トッカータとフーガ ニ短調」だ。

ロマンティックな壮大さがトレード・マークのような、このポピュラーな作品がなんと軽やかに響くことか。

特にトッカータでその感は強い。

ニコラーエワの編曲は見事にピアニスティックだ。

続く作品群もすべてニコラーエワ流の、彼女が感じるままのバッハで、実に女性らしいナイーヴな情感が常に流れている。

ニコラーエワの弾くバッハで感心するのは、ポリフォニックに書かれている曲や、構成のうまさである。

諸声部を解析的に演奏し、全体に流暢なニュアンスをあたえて息づかせる能力と、各曲の性格と楽想に応じて浮き彫りにする点はまったく見事である。

独立した各声部のすべてが、なんの苦もなく鮮明に弾き出される。

あまりに見事なため、分析的な演奏ともいわれるが、決して冷たい印象を与えない。

むしろ感情移入が激しく、ロマン的にバッハを再現する。

テンポ設定、レガートやスタッカートの使い分け、音質の硬軟など、いわば彼女の日常の語り口でおこない、表現のすみずみに多彩な豊かさを感じさせる。

伝統的なバッハ演奏を望む人にはこうした点が不必要と思うかもしれないが、内面を深く描く演奏は一聴に価する。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:00コメント(0)トラックバック(0)バッハ  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ