2008年11月30日

ギレリス&ヨッフムのブラームス:ピアノ協奏曲第1番/第2番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



これは故ギレリスが残した最上の演奏の一つである。

非常に遅いテンポからブラームスの複雑な音型を丁寧に解きほぐし、それによって作曲者の心が比類なく伝わってくる。

地響きを立てるような凄まじいダイナミズムも決して力まかせにはならず、逆に何気ない部分にも表情がよく出て、カンタービレや情感が生きている。

特に第1番では、これほど立派な第1楽章の演奏は、そう滅多に聴けるものではない。

"鋼鉄のピアニスト"といわれたギレリスの鋭いタッチは、ブラームスの、若き日の苦悩の時代に書かれたこの作品にぴったりの厳しさをもっている。

ひとつひとつの音からして芯が強く、激しくオーケストラとわたりあう部分になっても、少しの揺るぎもないのが見事だ。

特筆すべきはヨッフムの老練な指揮ぶりで、断然素晴らしい。

ベルリン・フィルを存分に鳴らしながら、これぞブラームスだ!といった重厚な響きをつくりあげている。

特に第1楽章は凄絶さの限りをつくしている。

第2番でも全体に強靭なタッチで、男性的に弾きあげながらも、抒情的で詩的な"歌心"にあふれているのが魅力だ。

ギレリスが成し遂げた最も感動的なブラームスである。

演奏スタイルは旧録と変わっていないが、フィナーレのテーマが本当のグラツィオーソで弾かれているのを聴けば、ギレリスの到達した奥深い音楽の世界が理解されるだろう。

テンポは全体に遅く、ブラームスの書いた複雑な楽想を、ピアニスト、指揮者が一体になって、丁寧に解きほぐし、そこに新しい光を当てている。

ギレリスは若いころから一切の粉飾を排し、音楽の核心に鋭く切り込んでゆくような演奏をしてきた人だけに、晩年のこの演奏には、そうした特徴のうえに、さらに精神的な厚みが加わっている。

ヨッフムも、ベルリン・フィルを存分に鳴らしながら、構えのしっかりとした音楽をつくりあげている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 14:58コメント(0)トラックバック(0)ブラームス | ギレリス 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ