2008年11月30日

ベロフのドビュッシー:ベルガマスク組曲(新盤)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ベロフは1950年にフランスで生まれたピアニスト。

メシアン・コンクールで優勝しただけあって、すばらしい技巧と明敏なリズム感をもっていて、現代的感覚にあふれたフレッシュな演奏をする人である。

これはベロフの久しぶりのドビュッシーとして注目されたもので、彼がピアニストとして着実に成熟していることを示した演奏である。

しかもその成熟は若い感性の素直な延長上にあるのが好ましく、それは「ベルガマスク組曲」におけるしなやかさと柔らかさを増した表現に端的に感得される。

デビュー当時の彼は何よりもセンスの良さが目立っていたが、スケールの大きさは伴っていなかった。各曲をきわめて冷静な目でみつめた演奏である。

1音1音を鮮明にとらえた録音に、まずひかれる。

この「ベルガマスク組曲」は、それぞれの音をきりりと引き締め、明瞭に鳴らしている。

ことに舞曲のリズム処理はうまく、「メヌエット」や「パスピエ」は見事だ。

フレッシュで粒立ちの揃った音の美しさときっちりと音楽をリアリゼーションしていくテクニックは相変わらず見事なものだが、加えて表現の幅が大きく、柔軟性を増したことが特筆される。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:23コメント(0)トラックバック(0)ドビュッシー | ベロフ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ