2008年11月30日

アバドのヴェルディ:オペラ合唱曲集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



オペラのなかの合唱は、ヴェルディが登場するまで単に歌手たちの聴かせどころの歌と歌とをつなぐものでしかなかったが、ヴェルディは、それを力強く豊かな感情表現をもつものにまで高め、「アイーダ」や「椿姫」「ナブッコ」などでは、その合唱が実によく生かされている。

これはアバドがミラノ・スカラ座の音楽監督であった時代の録音で、初期の「ナブッコ」から最晩年の「オテロ」に至るまでの、ヴェルディの主要なオペラの有名な合唱曲が収録されている。

聴いていると、胸がスカッとしてくるディスクである。

これらの演奏は、アバドのスカラ座時代10数年の輝かしい成果といえるもので、力強く色彩的な表現、どの曲も、イタリア的な明るさと熱気にあふれていて、大変素晴らしい。

端正な造形力、アンサンブルの精緻な美しさ、適度の熱気と抑制が共存するアバド芸術の典型といえるものがここにある。

彼はヴェルディの音楽自体が内包する激しく熱い情熱に対して、あえて必要以上に胸襟を開こうとしない。

そのため演奏は一分の隙もない見事なものだが、この演奏とヴェルディの本質との間にはある種の溝を感じてしまう。

とはいえアバドのヴェルディ演奏の美質とエッセンスが、ここに集約されているといっても過言ではない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:55コメント(0)トラックバック(0)ヴェルディ | アバド 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ