2008年12月05日

ハイティンクのワーグナー:ニーベルングの指環


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



EMIが満を持して完成させた「リング」全曲録音。EMIはかつてワルター、フルトヴェングラー、クレンペラーによる全曲を企画したが、いずれも完成されなかった。

ライヴ録音はあるがスタジオ録音のシリーズはこれが初めて。また当曲の録音としてもフルトヴェングラー以来30数年ぶり。キャストはバイロイトなどで活躍中の当代最高のメンバーが集められている。

第1弾は「ワルキューレ」。ハイティンクの指揮は、冒頭の序曲からしてすでに並々ならぬエネルギーと力にあふれている。

とりわけ第1幕のロマンティシズムあふれる愛の場面、第2幕第4場以降の悲愴さ、そして第3幕フィナーレの雄渾壮麗な表現は特筆に値する出来映えだ。

キャストは当時でのベスト・チョイスとして衆目の一致するような顔ぶれを揃えているが、乙女の精のように清らかで美しい歌唱を聴かせるステューダーのジークリンデはひときわ素晴らしい。

第2弾の「ラインの黄金」でも、透明精妙な音の徹底的練磨の中に、豊かなリリシズムに満ちた劇的表現を目指すのはここでも変わりがない。

後半の2つの場が特に申し分のない出来映えで、全体の流れもすこぶる自然だ。

歌手陣も極めて充実しており、個性的な登場人物たちが見事な性格表現で歌われている。これはバイロイトでさえ容易には望めないものだろう。

「ジークフリート」「神々の黄昏」は、オペラティックというよりシンフォニックな表現だが、精緻な仕上げから生まれる響きの美しさは特筆すべきもので、性格のはっきりした名歌手を適材適所に配した配役もすぐれている。

ただハイティンクには、もうひとつ語り上手な雄弁さを望みたくなる。

歌手ではイェルザレムが若々しい抒情と力強さを完備した好演で、「ジークフリート」におけるモリスのさすらい人も、第3幕第1場の苦渋する老いたる神の胸中が痛いほど伝わってくる名唱だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 02:31コメント(0)トラックバック(0)ワーグナー | ハイティンク 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ