2008年12月05日

カラヤンの「魔笛」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



「魔笛」はベートーヴェンが「モーツァルト最上のオペラ」と言って絶賛しているし、またワーグナーも「真のドイツ・オペラは、この『魔笛』から始まる」と言ったという傑作である。

その言葉を最も実感させてくれる演奏といえば、やはりカラヤン盤を挙げなければならない。

緩急起伏を大きくつけた流麗な演奏で、全体に、カラヤン一流の演出のうまさが光っている。

巧妙な棒さばきで、メルヘン的な楽しさをあますところなく表出しているあたり、巨匠ならではの腕の冴えである。

音の響きは大変美しく、独特の官能と感覚的な艶美さに、おそらく演奏の最大の眼目がおかれているようだ。

結局のところ、カラヤンの最大の関心と努力が集中しているその一点よりもっと向こうに、「魔笛」のさらに深い至純の世界が横たわっていることだけは疑う余地がない。

カーリン・オットの夜の女王は少々個性が弱いが、3人の侍女にはトモワ=シントウ、バルツァ、シュヴァルツといったそうそうたる歌手を起用しており、聴きごたえがある。

このあたりの起用はいかにもカラヤンらしい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 03:10コメント(0)トラックバック(0)モーツァルト | カラヤン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ