2008年12月05日

ラフマニノフ:自作自演~ピアノ協奏曲第2番&第3番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



大ピアニストとしても知られていたラフマニノフの自作自演盤である。1929年(第2番)と1939年(第3番)の録音だけに、音の状態はCD化されても、決してよいとはいえない。

しかし、この伝説的な大ピアニストの演奏を、実際に聴くことができること自体が価値のあることだ。

ラフマニノフの演奏は、全体にすこぶるスピーディーに運んでいて、速いテンポでさらりと弾きのけていて、肩すかしを喰らうようだが、じっくり聴いてみるとその中に無限のニュアンスや情感が秘められており、その表情の繊細さに驚いてしまう。

第2番ではフィナーレがすごい。19世紀のヴィルトゥオーゾ趣味が存分に発揮されている。

ことに第3楽章の有名な第2主題のうたわせかたなど最高だ。

アメリカでのラフマニノフはあまり作曲活動はおこなわず、主にコンサートを中心に活躍していたが、第3番の録音は、ちょうどそのころのもので、演奏家として最も脂の乗りきってきた時代だけに、この演奏は申し分のないうまさだ。

全体に速めのテンポで爽快に弾きあげているが、実に情感豊かなロマンティックな表現である。

ことに第1楽章が美しく、速いテンポですっきりと流しながらもわびしさがあふれ、音色やルバートも哀切を極めている。

録音の古さが気になるかもしれないが、作曲者自身の原点の解釈を知るという意味でも貴重だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 03:41コメント(0)トラックバック(0)ラフマニノフ  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ