2008年12月05日

フルトヴェングラー/ルツェルン「第9」1954


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



フルトヴェングラーの「第9」とくれば、バイロイトのライヴにとどめを刺すというのが、大方の見方だ。

感動にみちた劇的な演奏で、たしかにこれに比肩しうる演奏はまれだ。

しかしこのルツェルンのライヴも捨てがたい。バイロイトのそれよりも音楽的に深く、純粋で、フルトヴェングラーの演奏でも特筆すべきものといえる。

造形的にも無理がなく、この名指揮者の最晩年に到達した至高の境地を遺憾なく示している。

その清澄な心境と思索的な趣は、まさに余人の追随を許さない。

フルトヴェングラーは心にわだかまる鬱然とした情念を気高い精神に変貌させてゆくのを得意とする指揮者だった。

その彼も晩年にはラテン的な明澄さと造形感を模索しはじめる。

この「第9」はそうした晩年の傾向を示す典型な録音で、ライヴであるにもかかわらず、明晰な枠組みと透明なひびきを特徴とし、ひとつひとつの星がくっきりと見える澄み渡った夜空が開け出ている。

あるいは表現的な抑制に賛否両論が出るかもしれないが、この浄化された、高雅な音楽世界は、バイロイトの演奏よりもさらに深い境地にあるとも感じられる。

第3楽章も淡々としながら、強い説得力をもち、終楽章の優秀な独唱陣、気力にみちた合唱の鮮烈な表情もすばらしい。

その神秘的な奥行と清澄な広がりは、フルトヴェングラーが達しようとした最後の境地だったかもしれない。

SACDによる高音質も非常に良好で、フルトヴェングラーのディスクでも最も高く評価したいもののひとつである。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 06:02コメント(2)トラックバック(0)フルトヴェングラー | ベートーヴェン 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by テレーゼ   2008年12月05日 08:54
トラックバックからこちらへ。
とても素晴らしい情報をありがとうございます。
まずは聴かなくては!と思いました。
2. Posted by 和田   2008年12月05日 08:58
フルトヴェングラーの第9というと、バイロイト盤だけがよく知られてますが、ルツェルン盤にはこの大指揮者の最後の境地が示されています。ぜひ一聴下さい。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ