2008年12月05日

アラウのドビュッシー


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



例によって、アラウはドビュッシーにおいても悠然とした演奏を繰り広げる。

前奏曲第1巻の第1曲目の冒頭から独特の雰囲気に引き込む。

テンポを抑え気味にとった響きは柔らかく、しっとりとした翳りをおびている。

こうした響きは全曲を通じて一貫しており、味わいのあるドビュッシーが聴ける。

映像第1集は、"ラモーを讃えて"などを聴くと、かなり重厚さを感じるが、それはアラウでしか聴けない表現で、はっきりした説得力を持ちえている。

前奏曲第2巻でのアラウの演奏は、より味わい深いものとなっている。

そこには、ドイツ・ロマン派の音楽、特にシューマンあたりで身につけた内面的な表現の力が大きく作用していることを強く感じる。

映像第2集は、この曲の従来の演奏解釈の常識をまったく無視するようでありながら、実に深い味わいがあり、ドビュッシーの音楽における余韻の新しい在り方を教えられる。

これほどこせついたところのない、おおらかな味わいのある演奏は珍しい。

こうしたドビュッシーに安らぎを覚える人もあれば、まだるっこさを感ずる人もいるだろう。

だが、表現の鋭角的な洗練を求めさえしなければ、大家アラウの持つ独特の風格は何といっても注目の的だ。

風雪に耐えてきた芸とはこういうものではないだろうか。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 10:28コメント(0)トラックバック(0)ドビュッシー | アラウ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ