2008年12月05日

アバドのブラームス:交響曲全集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

交響曲第3番は冒頭からはつらつとした勢いがあり、躍動感と歌謡性を巧みに融合させた表現だ。

各部の表情はくっきりとして彫りが深く、ブラームスの重厚な和音や対位法的な書法が明晰に示されている。

終楽章ではアバド特有の運動性が、緊張力の持続とともに練達の表現を作る。

「悲劇的序曲」は全体に歯切れがよく、構成も緊密。

「運命の歌」はほのかな明るさと抒情的な潤いのある演奏だ。

交響曲第4番は最高の名演で、第1楽章からデリケートで自然に変化するテンポと表情が、聴き手を無条件に音楽に引き込んでしまう。

第2楽章も繊細・甘美な歌謡性が豊かな抒情感と結びつき、しかも堂々とした格調の高さには指揮者の風格を感じさせる。

第3楽章の力強い推進力、終楽章の気負いのない自然さも特筆ものだ。

「ハイドンの主題による変奏曲」は気品と美しい流動感が魅惑的だし、「哀悼の歌(悲歌)」もテンポと表情が秀逸だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 14:46コメント(0)トラックバック(0)ブラームス | アバド 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ