2008年12月05日

スウィトナーのブラームス:交響曲全集 並茖曳屐第2番)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



スウィトナーはブラームスをロマン主義的作曲家の範疇でとらえているようだ。

近年ブラームスの交響曲はこうしたロマンティックなスタイルで演奏されて大きな成功を得られる傾向が強いが、スウィトナーの解釈は極めて自然で人工的なところがない。

第1番フィナーレの力強さはスウィトナー独特のもので、この演奏の骨組みががっちりしていることを主張している。

格調高く、堅牢な骨格をもったすぐれた演奏だ。

第2番も実に自然体のブラームスで、少しのてらいもなく、田園風の旋律をのびのびと歌わせた演奏である。

全体におだやかな雰囲気が田園風といわれる楽想を自然に表わしている。

スウィトナーは極端な表情を避け、たとえば第2楽章では弦を柔軟に歌わせると同時に、木管やホルンの弱音をほとんど無視して穏当なバランスを作り出し、デュナーミクの広さより各楽器の音色を大切にしていることがうかがわれる。

第3楽章では輪郭の鮮明な響きを獲得しながら、そこにデリカシーを加えることに成功している。

ドイツ・オーストリア系以外の指揮者は、この作品の流れるような歌の性格を強調しすぎることが多いが、オーストリア人のスウィトナーは、曲の対位法的な特徴をよくつかみ、入りくんだ旋律を、美しく、しっかりと聴かせている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:03コメント(0)トラックバック(0)ブラームス | スウィトナー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ