2008年12月06日

ハイフェッツのバッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



51歳の時の録音で、ハイフェッツ唯一の「無伴奏」全曲盤だ。

ハイフェッツのバッハに対する畏敬の念が演奏に反映されている。

絶頂期のハイフェッツによるこのバッハの名作は、ヴァイオリン演奏としてのあらゆる見地から見て、それを凌ぐものがないといってはばからない名演となっている。

彼の卓越した技巧は、バッハが用いた疑似対位法を明確に浮かび上がらせているし、何よりも余裕のある演奏が音楽の構成感と豊かな情感を高い次元で融合させている。

音色の美しさも抜群。

しかし、それ以上に注目されなければならないのは、恐ろしいほどの執念を燃やしてこの作品を表現しようとするハイフェッツの姿勢である。

速めのテンポを好む傾向があるハイフェッツは、彼としては珍しい余裕のあるテンポでこの作品を演奏しているが、そうした明らかに遅めのテンポの設定は、そこに驚くほどの熱っぽい情熱や濃厚な情念をたぎらせた表現を実現させる結果を生んでいる。

それは、この巨匠の芸術家としての使命感や責任感をも強く感じさせずにはおかない。

ここでは、ハイフェッツの超絶的といえるテクニックの冴えが、まず聴き手の度肝を抜くが、それは、あくまでも表面上の問題であり、この演奏の意味と価値は、そのようなこととはまったく別の次元に存在しているのである。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 23:12コメント(0)トラックバック(0)バッハ | ハイフェッツ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ