2008年12月07日

ブッシュSQのシューベルト「死と乙女」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



シューベルトがこの弦楽四重奏曲を作曲したのは、自分が不治の病にかかったのを知ったときだった。

どうしてこんな目に会わねばならないのか、彼は底知れない絶望にとらわれ、憤怒と苦悩の入りまじった激しい思いを、この曲の冒頭でぶちまける。

しかし一方で、苛酷な現実と折り合い、自分をなだめながら、狭い選択肢のなかで生きて行く道を見つけていかねばならない。

この曲のそんな手探りに最も近いのがブッシュ四重奏団の演奏だ。

身もよじる絶望と悲しみのなかで、藁にもすがるようにわずかな希望を見いだそうとするシューベルトのけなげさは、今にも切れそうな細い綱の上を渡ってゆく危うさを示し、いつ墜落するかというスリルをはらみ、胸を痛くさせられる。

希望は、はかなければはかないほど、いっそうそれにすがりつきたくなるのが人情。

人が人生に対していちばん真剣になるのはそのときだ。その心理にもっとも突き入ったのがブッシュの演奏だ。

当時の流行としてポルタメント奏法も多いが、それは明るい甘さを出すよりも、悲しく溢れた涙をぬぐうかのようである。

このような個性の強い演奏法には向き不向きがでることは事実だが、ぴたりとはまった時には無類の絶品と化する。それが、この「死と乙女」である。

世の中にはこの名曲のCDは無数に出ているが、その中でこの演奏ほど「死」の恐ろしさ、悲しさを感じさせてくれるものは断じてない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 23:02コメント(0)トラックバック(0)シューベルト  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ