2008年12月12日

内田光子のドビュッシー:12の練習曲


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ドビュッシーの書いたピアノ独奏用のための最後の作品。

彼はこの曲の最後に「ショパンの思い出のために」ということばを記している。このことからも、いかに彼がショパンの音楽を敬愛していたかがよくわかるであろう。

曲は2集からできており、各集には6曲ずつが入っている。

この練習曲には、作品に知的にアプローチする能力、知的解釈と音楽的感性を一体化させる能力、そしてそれをリアリゼーションする演奏技術と造形力における完璧性など、今日のピアニストに要求されるすべてのものがある。

内田光子の演奏はそうした要素を完全に満たした、実に素晴らしいものだ。

彼女の各曲に対する見事なまでの的確な解釈は、それぞれの曲の個性を2倍にも3倍にも強く聴き手に理解させる。

内田の演奏には、常に彼女の感性と知性によって洗い直された"新しい美"の発見がある。

このドビュッシーの練習曲をいささか難解で不得手な聴き手をも納得させ、魅了してしまうだけの濃い内容を持っている演奏である。

知に流れず、理に走らず、情に流されない。

知性・理性・感性(感受)のいずれもが、絶妙なバランスで融合し合い、それを集中力に満ちた技術が、見事に音化している。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:25コメント(0)トラックバック(0)ドビュッシー | 内田 光子 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ