2008年12月14日

リヒテルのグリーグ/シューマン:ピアノ協奏曲


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



リヒテルとマタチッチの唯一の共演盤。

このグリーグは傑作だ。例によってリヒテルが、スケールの大きい音楽世界を繰り広げている。

リヒテルの演奏は、思考の積み重ねの末に再構築されたロマンと言っていいだろう。

ネオ・ロマンティシズムの表現の、ひとつの解答がこの演奏だ。

しばしば拡大されたディティールが前面にせりだしてきて、「おやっ」と思わせる。

知の力が優った演奏だが無感情ではなく、気分の沈潜の有り様について考えさせる不思議な個性にあふれた演奏だ。

遅いテンポと粘ったリズムによる第1楽章は著しくロマンティックで、それに凄まじい気迫と強靭なタッチが加わって表現の幅が増している。

カデンツァの豪壮な再現、聴き手を圧倒しないではおかない凄まじい気迫は、このピアニストならではのものだ。

その一方で、グリーグ特有の憂愁美に彩られた諸主題を、やや遅めに設定されたテンポで、あくまでも優美にしっとりと歌い上げて見せる。

第2楽章はくっきりとしたタッチが美しく、フィナーレは第1楽章とほぼ同様。

剛から柔に至るその幅の広さは、他のピアニストたちに比べると抜きん出ており、それがリヒテルのこの演奏を、「さすが巨匠芸」と認識させるばかりか、作品そのものを巨匠風に感じさせる要因になっている。

マタチッチの指揮も両端楽章の豪快さ、雄大さはその比を見ず、旋律は豊かに歌われ実にふっきれた表現だ。

しかしシューマンは今ひとつ共感できない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 16:42コメント(0)トラックバック(0)リヒテル | グリーグ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ