2008年12月16日

ツィマーマンのショパン:ピアノ協奏曲第1番&第2番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ショパンの没後150周年を記念して、ツィマーマンが自ら組織したオーケストラとの演奏である。

ヨーロッパとアメリカの40都市をツアーしたこのプロジェクトで、ツィマーマンは「19世紀風にロマンティックなショパン」を目指したと語ったそうだが、その演奏は、まことにユニークである。

強靭な意志がこめられた第1番第1楽章冒頭を聴いただけで、尋常ならざる演奏であることがわかるだろう。

指揮も兼ねたツィマーマンは、存分にオーケストラをドライヴし、驚くほど大きくテンポを動かして、ロマンティックな歌をうたいつくしてゆく。

通常は20分前後の第1楽章に23分30秒もかけているが、そのロマンティックな表現や大胆なテンポの変化にもかかわらず、演奏が少しも大時代がかったり、重く淀んだ澱を残すことがないのは、作品に対するツィマーマンの透徹した読みと志の高さ故だろう。

ポーランド全土から選抜されたオーケストラの若きメンバーたちの共感ゆたかで、しなやかな集中力に富んだ反応も見事である。

ツィマーマンは、この曲を3回録音していたが、今回の演奏は、細部の表現がいっそう彫り深く磨かれており、エネルギー感ゆたかな録音とあいまって充実したスケールと底力を加えているし、磨きぬかれたタッチでしなやかに歌われた澄んだ表現がそこに何とも美しい陰翳と清浄感を添えている。

曲に一部手を加えていることには賛否があるだろうが、これほど刺激的な名演もないだろう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
以下、当メルマガ読者のY.Mさんからのコメントです。ご紹介させていただきます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
初めまして。いつもメルマガ楽しんで拝読しております。メルマガで知った曲のCDを借りたりして聴いています!新しい曲を知るきっかけをくださり、とても感謝しています!ありがとうございます。
10歳までピアノ習っていましたが、中学受験の時に辞めて以来部活などで忙しく、6年もピアノに触らない日が続いていました。
高3の17歳、図書館で勉強している間にふらっと引き寄せられたCDの棚でふと手に取ったのがこのCDでした。それまではピアノを習っていたとはいえツェルニーの練習曲やバッハの「インベンジョンとシンフォニア」しか弾いたことがなかったのでショパンのピアノ協奏曲は聞いたこともなく、勉強の合間や息抜きに聴こう くらいの軽い気持ちで借りたのを覚えています。日本史の暗記をしながらCDをかけた時にあまりの音の美しさにとても感銘を受け、勉強など手につくわけもなく1.2番を通して何回も聴きました。この世にこんなに美しい音楽が存在するのかととても驚きましたね〜。特に第二楽章が好きで(ネットでは第二楽章は不評のようでしたが…)、音の色彩というか、多彩な音が散りばめられていて感激ひとしおでした。
それからはいつもこの曲ばかりを聴いていました。センター試験当日に不安で涙が出た時もこの曲を聴いて心を落ち着かせました。常に私のそばに寄り添って支えてくれた、恩人ならぬ恩曲です(笑)
結局は結果に納得がいかず浪人することになったのですが、今も変わらず私の生活にはこの曲が欠かせません。受験がひと段楽してからは他のクラシック曲も聴くようになりましたし、好きな曲もできましたが、やはりこの曲に対する私の思いは特別なものに変わりはありません。

去年の11月にツィマーマンの公演があったのだとか。私の近所でもやっていたようなので行けなかったのが悔しかったです…次回の来日を楽しみに勉強を頑張ろうと思います!

この曲がきっかけでクラシックに興味を持ったと同時に、昔弾いていた曲をまたやり直し始めたので(まだまだ昔のようには弾けませんが汗)、この感動を伝えたかった所存です。
長々と自分の事ばかりを語ってしまい申し訳ありませんでした。これからもメルマガ配信を楽しみにしております。^ ^

classicalmusic at 00:01コメント(1)トラックバック(0)ショパン | ツィマーマン 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 和田   2016年05月09日 01:37
Y.Mさん、長文のコメントありがとうございます。
受験の時、心の支えになったこととか、ツィマーマンの来日公演を聴き逃したことは私も一緒です(笑)。
特にクレーメルとの共演の来日公演の時は、チケットを取っておきながら、クラシック音楽の仲間の家でワインを昼から浴びるように飲んで、その友人宅のオーディオが素晴らしくて、オイストラフ&リヒテルのフランクのヴァイオリン・ソナタを聴いて、「これ以上の演奏は考えられないだろう、もうコンサートに行くのも面倒臭いや」と思って行かなかったことが今でも悔やまれます。
このツィマーマン弾き振りのショパンは、他の演奏と比べて全く異次元の存在感を誇っていますよね。これを聴いたらもう他の演奏は生ぬるくて聴けないくらい。
私もピアノをかじってますが、ツィマーマンのようなテクニックも表現力もずば抜けた演奏を聴いてしまうと、もう自分でピアノなんか弾けないと思ってしまいます。
これからもお互い感動を求めて名盤探し、実演に出かけましょう!
今後ともよろしくお願いします。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ