2008年12月19日

バーンスタイン/ウィーン・フィルのモーツァルト:後期交響曲集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



演奏は、ウィーン・フィルの伝統を生かすことを心がけているようで、楽員の自発性も尊重されているが、結局はバーンスタインの音楽を強く感じさせるのはさすがだ。

「ハフナー」はウィーン・フィルの柔軟な響きと均質なハーモニーが美しく、それがバーンスタイン特有の開放感に満ちた表情と溶け合っている。

特に第2楽章のおおらかで優美な表情は、バーンスタインとウィーン・フィルの相性のよさを伝えている。

しかし「リンツ」はいささか緊張に乏しい。

第39番が素晴らしく、随所にバーンスタインのスケール大きな表現と人間的なあたたかさを伝えてくれる。

「プラハ」も美しく、造形的にも堅実。

第40番はバーンスタインの豊かな音楽性とウィーン・フィルの伝統的な音楽様式が融合して、実に抒情的に歌う表現を展開している。

しっとりとうるおう弦の美しさが、哀調をおびた旋律を味わい深く独自の透明感をもって表現している。そして徹底的に歌ってもいる。

「ジュピター」は溌剌とした活力を評価したいが、わずかながら表現的な弱さを感じさせる。

とはいえ、これらが偉大な指揮者の雄大な音楽であることは改めて付け加えるまでもないと思う。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:03コメント(0)トラックバック(0)モーツァルト | バーンスタイン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ