2008年12月27日

バックハウスのベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



バックハウス(1884-1969)はまぎれもなくドイツが生んだ大ピアニストであり、生涯をピアノ演奏に捧げた巨匠である。

特にベートーヴェンの解釈で高い評価を受けた彼の残した名盤は、この協奏曲集も含めて、現在でもベートーヴェン演奏の規範のひとつとされる。

ところで、彼は1899年からオイゲン・ダルベールに師事したが、さらに辿ってゆくと、ベートーヴェン〜チェルニー〜リスト〜ダルベール〜バックハウス、という師弟関係が成り立つ。

そしてバックハウスは、自らが受け継いだドイツ・ピアニズムの伝統をかたくなに守る姿勢を貫き、しかもその演奏解釈をこれまで誰もなし得なかったところまで深く深く掘り下げた。

彼がベートーヴェンの解釈にひとつの時代を築いた規範とされる所以である。

このアルバムはバックハウスの1958年と59年の録音ということで、その演奏には彼が枯淡の域に到達していることが窺えるが、ドイツの伝統を汲む正統的な解釈や古典的な格調の高さは、現代にあってもこのうえない価値をもつものと言えよう。

第1番から第5番「皇帝」まで、どの曲にも巨匠の風格を如実に感じさせるソロが聴ける。

それは重厚で深みがあり、毅然とした風格が漂う。

一方、指揮者シュミット=イッセルシュテットとのコンビも強力である。

彼は各楽器を充分に響かせて、深いコクのある味わいをオーケストラから引き出し、バックハウスのピアノをしっかりと支えている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:02コメント(0)トラックバック(0)ベートーヴェン | バックハウス 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ