2008年12月29日

ハーラ&スメタナSQのシューベルト「ます」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ピアニストのハーラは、1928年、南ボヘミアのピセクに生まれた。

プラハ音楽アカデミーを卒業してからただちにソリストとして活躍、1952年からスーク・トリオのメンバーとなり、室内楽の分野でも積極的な活動をおこなった。

これは、ピアノと弦楽器との均衡が、きわめてうまくとれた演奏で、ピアノのハーラが巧みにリードしながら要所をぴたりと押さえている。

アンサンブルは、高度に練りあげられ、5人のリズム感は実にしっかりとしている。

5人全員のアンサンブルが実に高度に練りあげられ、リズム感はぴったりと揃い、躍動感にあふれ、美しさをみなぎらせている。

全体的にピアノのハーラが音楽の流れの根幹をつくっていて、うまくリードし、要所要所を引き締めて、室内楽的バランスをとっている。

全体の流れは瑞々しく、生き生きとした光り輝く大きな川の流れを思わせる。

緊迫感と抒情を配慮し、きわめて聴きがいのある演奏になっている。

この楽団にとって3回目の録音。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:22コメント(0)トラックバック(0)シューベルト | スメタナSQ 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ