2008年12月29日

ハーラ&スメタナSQのシューベルト「ます」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ピアニストのハーラは、1928年、南ボヘミアのピセクに生まれた。

プラハ音楽アカデミーを卒業してからただちにソリストとして活躍、1952年からスーク・トリオのメンバーとなり、室内楽の分野でも積極的な活動をおこなった。

これは、ピアノと弦楽器との均衡が、きわめてうまくとれた演奏で、ピアノのハーラが巧みにリードしながら要所をぴたりと押さえている。

アンサンブルは、高度に練りあげられ、5人のリズム感は実にしっかりとしている。

5人全員のアンサンブルが実に高度に練りあげられ、リズム感はぴったりと揃い、躍動感にあふれ、美しさをみなぎらせている。

全体的にピアノのハーラが音楽の流れの根幹をつくっていて、うまくリードし、要所要所を引き締めて、室内楽的バランスをとっている。

全体の流れは瑞々しく、生き生きとした光り輝く大きな川の流れを思わせる。

緊迫感と抒情を配慮し、きわめて聴きがいのある演奏になっている。

この楽団にとって3回目の録音。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:22コメント(0)トラックバック(0)シューベルト | スメタナSQ 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile
Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ