2008年12月31日

ヴェデルニコフのベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第30/31/32番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



忘却のなかからよみがえった大ピアニスト、ヴェデルニコフの遺産のなかでも、ベートーヴェンの晩年の3大ソナタ集は格別に深く心に刻まれるディスクである。

旧ソ連体制のなかで深く「音楽」そのものに生き甲斐を求めたヴェデルニコフならではの表現が聴かれる。

ベートーヴェンの晩年の思索性がヴェデルニコフ自身のそれとして如実に音響化されている想いがする。

テクニックも万全である。

第31番は第30番と同様、ここでもヴェデルニコフは自己の限定された世界のなかでベートーヴェンの音楽の開放を求めている。

そのことが如実に表現されている演奏。

人間の精神の無限さを具現するものとして、これは貴重な記録でもある。

ここにはいかなる感情過多の表現もないが、作曲者の情念は常ならぬ切実さをもって伝わってくる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:24コメント(0)トラックバック(0)ベートーヴェン  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ