2009年01月02日

コープマンのモーツァルト:後期交響曲集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

オルガニストではなく指揮者コープマンの小柄な体躯から迸るエネルギーは尋常ではない。

どこまでもモーツァルトであって、それでいて前衛的な現代音楽の趣を感じさせるところがある。

ピノックやガーディナーやブリュッヘンやホグウッドにはない魅力が溢れる。

第39番は少人数の古楽器演奏で、テンポの速い、すっきりとした運びだが、そのなかにセンス満点の遊びがあって愉しい。

金管のアタックはフレッシュだし、リズムは飛び跳ね、弱音は静謐、超スピードのメヌエットを経て、フィナーレのコーダにはスコアにはないティンパニが!

第40番は曲のもつ異常さはそれほどでもないが、最上の古楽演奏が培った演奏様式の生み出すテクチュアの明晰さでは随一。

ある意味では古典派音楽の様式をグロテスクなまでに解体した作曲者のテクストが鮮明になり、曲の人工的な側面を伝えてあますところがない。

コープマンの視点は3つ、ダイナミックな表現の起伏、作品がもたらす自由さ、そしてアヴァンギャルド的大胆さである。

それは「ジュピター」に見事に集約されており、瞬間瞬間にドラマを見る面白さが連続、息もつかせない、生身の作曲者像を追求した熱演だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:30コメント(0)トラックバック(0)モーツァルト  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ