2009年01月07日

アシュケナージのシューマン:ピアノ作品集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



アシュケナージの円熟を示す名演集だ。どの曲も磨き抜かれた音色で、ロマンティックに仕上げた演奏であり、人肌の温もりとしっとりとした叙情をたたえた秀演である。

アシュケナージの演奏は、これまでと変わらぬ純音楽的表現の高さと円熟味を示しており、今日のシューマン演奏のきわめてすぐれたスタンダードを示す。

隅々にまで、神経のよく行き届いた演奏で、すこぶる繊細な音楽をつくりあげながら、シューマンのロマン的表現を過不足なく、率直に具現している。

ここでのアシュケナージはシューマンの音色の限りなくよき理解者であって、およそ作品として書かれたものの何ものをも見過ごさず、また何ものをも付け加えようとはしない。

表現様式における装飾性は完全に切り捨てられており、シューマンの音楽の本質に迫っている。

彼のシューマンからは気負いや熱中は感じられず、むしろ淡々としているが、それでいて味わい深い。

曲それぞれ、楽想それぞれの性格や気分を充分に生かしきった演奏で、タッチの質、強弱、アーティキュレーションの細やかさが、各曲の各部分にくっきりとしたプロフィールを与え、全体の設計も見通しもよく行き届いている。

ピアニストとして最も脂の乗ったころの演奏で、聴き手に誠実で清潔感の溢れた音楽性と、さらにはるかなるものへの憧れの気持ちを感じさせる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:00コメント(0)トラックバック(0)シューマン | アシュケナージ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ