2009年01月08日

アルゲリッチ&アバドのチャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番、他


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



アルゲリッチ、チョン・キョンファ。当代2人の女流天才は、ともにチャイコフスキーのコンチェルトを得意としてきたが、チョンの方は1980年代から脱皮し、むしろベートーヴェンやブラームスに名演を示すようになったのに、アルゲリッチの方は相変わらずチャイコフスキーだ。

CDもスタジオ録音あり、ライヴありだが、そのすべてが他のピアニストを圧してすばらしい。本当に珍しいケースといえよう。

その数多いディスクの中で、むりやりに優劣をつけるとすれば、ピアノ演奏だけを採れば1980年のCDアコード盤、オーケストラや録音を含めた総合点がいちばん高いのは、この1994年ライヴである。

すでに50代に入った彼女だが、円熟とはまったく無縁、縦横無尽に暴れまくっている。

その熱い息づかいや感情の波立ちがマイクを通して如実に伝わり、傍若無人、奔放を極めた自在感に、絢爛たるテクニックと瑞々しいまでのタッチが応える。

アルゲリッチのピアノは情熱にあふれ、鋭い閃きを放ち、相変わらず凄い迫力を伴った演奏だが、コンドラシンとの共演盤と比べると角が取れて円みが加わり、より心地よい流れを作っている。

アバドの雄弁な表現とフレキシブルな対応も、彼女のソロを引き立てる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 04:23コメント(0)トラックバック(0)アルゲリッチ | アバド 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ