2009年01月11日

ミンツのパガニーニ:カプリース(奇想曲)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



パガニーニの「カプリース」には、アルペッジョ、3度、6度、10度の重音、ダブル・トリプル、左手のピチカートなど、ヴァイオリン演奏のあらゆる技術が盛り込まれている。

ミンツにとってパガニーニの無伴奏曲は、うってつけの作品だろう。

ミンツのこの曲は彼がさっそうとデビューしてまもないころの録音で、若々しい輝きに満ちている。

達者なテクニックで物怖じしない元気さ、たくましさで弾ききっている。

音色の美しさと技術の高さは、若手として、こんにち聴き返しても出色のものがあろう。

流麗すぎて魔術的な迫力には欠けるかもしれないが、ミンツのはつらつとした演奏は好むところ。

技巧の高さは定評もので、まずその安心感がある。

すっきりしすぎているかも知れないが、さっそうとして、丁寧な弾きぶりにも好感がもてる。

第1番でミンツはまるでプレストのようなスピードで弾きとばし、第5番ではあたかもオートマティックな機械で弾くかのごとく、力強く再現している。

おそらくパガニーニも予期しなかったであろうほどの技術的完成度をこの2曲で示している。

とてもさわやかなパガニーニだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 01:02コメント(0)トラックバック(0)パガニーニ  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ