2009年01月16日

ラサールSQのベートーヴェン:後期弦楽四重奏曲集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



20世紀の弦楽四重奏曲を透徹したスタイルで明晰に演奏して、一時期を画したラサール四重奏団が残した唯一のベートーヴェン。

ラサール四重奏団の演奏は、まさに完璧としか形容できないほど突き詰められた表現の中に、良い意味での冷たいリリシズムが溢れ出る名演といえる。

ラサール四重奏団はいっさいの先入観を排除して純粋に音楽を追求する。

これは彼らが新ヴィーン楽派の作品でとった解釈で、ベートーヴェン後期の音楽が少しの思い入れもなく明晰に再現されている。

機能的に優れたところから美感が生まれることを実証した演奏だ。

彼らが得意とした20世紀の作品と同様シャープで精緻な演奏ぶりが際立ち、楽譜の深い読みに基づく作品へのアプローチが巧妙で、説得力があり、20世紀音楽に優るとも劣らぬ出来である。

力感みなぎってたくましく、切れ味の鋭さを感じさせる。だが、うるおいの乏しい"技巧のための技巧"を前面に押し出した演奏とは似て非なるものだ。

ヨーロッパの四重奏団とは異なる感性に立脚しているものの、作曲家晩年の情念を感動的に表出している。

楽譜を深く読み、作品を忠実に再現していこうとするラサールのあくなき努力が見事に結実した、誠実にして、清新なベートーヴェンである。

チェロが途中で交代しているが、この録音をラサールの代表盤のひとつに加えることに反対する人はまずあるまい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 07:58コメント(0)トラックバック(0)ベートーヴェン  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ