2009年01月22日

ヴァルヒャのバッハ:2声のインヴェンションと3声のシンフォニア


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ヴァルヒャのバッハは、オルガン作品と同様の生真面目な表現で一貫しており、聴けば聴くほど味の出る魅力がある演奏と言えよう。

バッハ音楽の正統的な演奏で、精神的に深い音楽をつくりあげている。

実にしっかりとした構成感を持った演奏で、造型の強さがあり、その深々とした呼吸はヴァルヒャならではのものだ。

バッハの作品の立体的な構造が、明確なアーティキュレーションとアンマー・チェンバロの豊かな響きによって、あざやかに浮かび上がってくる。

もちろんヴァルヒャのバッハの音楽に対する共感もダイレクトに伝わってくる。

ヴァルヒャは安定したテンポの上に、高ぶることなく淡々とバッハの世界を築きあげてみせる。

そのなかに、ある種の威厳が感じられるが、それが大家の風格というものだろう。

バッハの楽想はヴァルヒャによって、多彩な生命を吹き込まれ、開花する。

見事なリズム、精巧な音の綾、とうとうと流れる動力的なテンポなど、音楽的純粋さは何もいうことがない。

20世紀の古典的バッハ解釈をゆるぎなく示す名演であり、あらためてヴァルヒャの偉大さを実感させる。

今日の常識では全く問題がない訳ではないが、バッハ演奏の1つの典型として記録に値する。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:23コメント(0)トラックバック(0)バッハ | ヴァルヒャ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ